「ミネラルファンデーション大好き」オープン

2010 年 7 月 1 日  Category: 日常

ミネラルファンデーション

ベアミネラル、オンリーミネラルなどのミネラルファンデーションに着目した専門サイト、ミネラルファンデーション大好き というサイトがオープンしました。

QVC大好き の管理人Kさんとの5個目のコラボサイトです。

このサイトはWordPressで作成し、各ブランドごとに”研究所”としてそれぞれのトップページを持たせています。ミニサイトがいくつか集まったサイトのようなイメージです。

ベアミネラル研究所

ページ上部にあるタブ…「bareminerals」「ONLY MINERALS」「MMU PROJ.」「etvos」「L’OREAL」「…」の6つのいずれかをクリックするとそれぞれのブランドのトップページに遷移します。

「…」はその他のブランドです。
それほどミネラルファンデーションの商品を売り出していないブランドをまとめたものです。

 
また、他のコラボサイト同様にコメント投稿フォームに5段階の評価システムを取り入れています。
イイ!と思ったものは星5つ、ダメだ!と思ったものは星1つといった評価ができます。

 
それにしても記事内容は当然素晴らしいのですが、写真も素晴らしい。
いや、すごいです。
おひまなときに一度のぞいてみてください。

ミネラルファンデーション大好き

ドクターシーラボ大好き 正式オープンしてます。

2009 年 9 月 24 日  Category: 日常

ドクターシーラボ大好きが正式オープンしました。

最近、ずーっとかかりっきりになって、ワーワー言いながら作っていたサイトを、本日オープンさせてしまいました。ってコトで宣伝させていただきます!

「ドクターシーラボ大好き」っていうサイトです。

ドクターシーラボのコスメのレビューを集めたサイトです。

 
◆さっそくドクターシーラボコスメ大好きをチェックする!

こんな↓感じですー。
ドクターシーラボ大好き

評価機能 ってのを付けてみました。

口コミを投稿して欲しい、っていう風に思いまして、つけました、評価機能。

コメント・イメージ

「口コミ」と「普通のコメント」がどちらも投稿できるようになってるんですよー。

 
↓投稿された内容は、記事のお尻にこんな感じで表示されます。

コメント・イメージ2

 
↑左が「口コミ」、右が「コメントのみ」の内容が表示されるようになってマス。

 
 
さっそくドクターシーラボ大好きをチェックする!

 
 

共同運営サイトだったりするー。

このサイトは、QVC大好きの、管理人Kさんとの共同運営サイトです。

僕がシステム担当で、管理人Kさんがコンテンツ担当なのです。

だから素敵なレビュー記事や画像などのデザインは、全部管理人Kさんがやってくれました。
僕のわがまま言い放題に対応してくれて本当にありがとうございます。

価値観の違い

2009 年 5 月 15 日  Category: 日常

サファリパークを調べることがあって、そんなときにこんなものを見つけた。

 
生きた牛がトラの餌 中国サファリパークの残酷見せ物

※一部刺激の強い残虐なシーンが含まれているので、苦手な方は再生しないでください。

 
 
最初に思った感想は、ひどいな、と。

ひどいと感じたのは、お金で買ったニワトリが嫌がっているところを無理やりトラに与えるところとか、生きた牛が苦しんでいるところ。

 
なんか道徳的にどうなんだろう?と思った。

一瞬怒りも覚えた。

 
 
でも。

冷静になってみると日本も同じようなことをしている。

 
日光猿軍団では、首をひもでつないで曲芸をさせている。

日本では魚を生きたままさばいて活け造りなんてものがある。
ピクピクしててホントイキがいいね~なんてやってる。

 
そう考えるとあまり中国のやってることが悪いと強く言えないような気がしてきた。

 
そして時間がたつとともに思った。

 
 
これは文化の違いなんだ、と。

価値観の違いなんだ、と。

 
 
純粋に良い、悪いとは別に。

 
 
中国に住んでる方にとって、このYoutubeの動画のようなことは悪いとはなんら思っていない。

ただのショーのひとつ。

そういう文化なのだ。

 
なんかこうゆうことを考え出したらきりがない。

動物園だって、水族館だってひどいと言えばひどい。

 
自然に住んでいる動物や魚を人間のエゴによって狭い所に閉じ込め、人間のさらしものにしている。

 
養殖の動物や魚だって、食べられるために生まれてきて、狭い柵や檻の中、いけすの中で一生をすごし、おいしそうな年齢になったら殺される。

食べ物として。

きっと殺し方は痛みを感じないようにしているのだろうけど、方法の問題じゃない。

 
食べるためだから、人間が生きるためだからとはいっても、何がよくて何が悪いのか。

 
わけがわからなくなる。

 
日本には、(命を)いただきます、と食べる前に手を合わせる習慣があるということを少し思い出した。